メガネの女性

イベントやオープンキャンパスで専門学校の雰囲気を知ろう

目標設定でステップアップ

ネイル

ネイリストは資格の必要ない職種ではありますが、技術を証明するのに資格がないのはかなり不便です。ネイリストを目指すのなら、ネイル資格を取得しておく方が確実です。一口にネイル資格といってもその種類は、現在3種類あります。日本ネイリスト検定試験センターによる検定で3級から1級までの資格取得ができるのが「JNE主催ネイリスト技能検定試験」です。3級ではネイルの基礎である、爪のケアやカラーの技術を見ています。甘つめの処理、爪磨き、カットなどのネイルケアやカラーを実技で行なうことになります。ケアの知識も学科でテストされます。これに合格することで基礎力の証明をすることができます。合格しなければ次の2級の試験を受けることはできません。飛び級の制度がないため、順番にクリアをしていくことが必要です。次の2級では、サロンで働くのに問題ない技術や知識を試されます。ネイルのチップを扱ったり、接着したりするチップ&ラップの技術も必要になります。そこからさらに上を目指すのであれば、トップクラスの技術や知識の証明ができる1級にチャレンジすることになります。ジェルネイルの技術証明には、「JNA主催ジェルネイル技能検定試験」に合格することで証明できます。さらに世界で認められたいのであれば、もう1つの検定に挑戦するのがおすすめです。上級になると合格率がかなり低くなっていく高難易度検定試験ですが、「I-NAIL-A主催ネイルスペシャリスト技能検定試験」は世界で活躍する上で持っておくと便利です。PA級、AA級、AAA級の3ランクで構成されています。